• 自転車を選ぶ
  • 当サイトについて
  • 自転車選びのポイント
  • 自転車ルール&マナー
  • 自転車安全チェック
自転車ルール&マナー

HOME > 自転車ルール&マナー

知っていますか?自転車の正しい交通ルールとマナー。

安全で環境にやさしい乗り物として子供からお年寄りまで幅広い年齢層に親しまれている自転車。平日の通勤・通学やショッピング、そして休日のサイクリングなど、自転車は私たちの暮らしに便利さと楽しい時間をもたらしてくれます。
自転車に乗るとき、忘れてはならないのが周囲への気配りとマナー。すべての人が安全で快適に道路を利用できるように、一人ひとりがきちんとルールやマナーを守ることが大切です。

自転車の基本≪自転車安全利用五則≫

1
自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は「(軽)車両」です。
歩道と車道の区別があるところでは、車道を通行するのが原則です。

2
車道は左側を通行

基本的に、自転車で車道の中央や追い越し車線を通行することはできません。車道の左側を通行し、右後方から来る車にも注意しましょう。

3
歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

普通自転車は、道路標識で指定された場所や、車道の道幅が狭いといったやむを得ない場合に、例外として歩道を走れます。歩道を通行するときは、すぐに停止できる速度で車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げる場合には一時停止しなければなりません。なお、自転車から降りて手で押す場合は“歩行者”とみなされます。

4
安全ルールを守る

飲酒運転や二人乗りは禁止。「並進可」の標識がある場所以外で2台以上が並んで走るのも禁止です。また夜間やトンネル内では、前照灯および尾灯(または反射板)をつけましょう。そして信号は必ず守ること。信号がない交差点では一時停止の標識などを守り、安全確認を行うなど、ご自身の安全のため、ルール&マナーを守りましょう。

5
子供はヘルメットを着用をする

ヘルメットは、大切な頭部を守る重要なアイテムです。特に、児童や幼児を自転車に乗せるときは、安全確保のために乗車用ヘルメットを着用させるようにしましょう。

みんなで交通ルールやマナーを守って、安全・安心で快適なサイクルライフを満喫しましょう。

ページTOP へ戻る▲

自転車ルール&マナー

こんなときはどうするの?

自転車には、上記以外にもまだたくさんのルール&マナーがあります。
快適なサイクルライフを送っていただくためのポイントをいくつかご紹介します。

ライトを点灯しましょう。
自転車も車両です。夜間はライトを点灯しましょう。
夜間、夕暮れ時やトンネル内・霧模様など、視界の悪いときにはライトを点灯し、周囲からも常に見えるようにして、身を守りましょう。なお、無灯火は交通違反(刑事罰)になります。
決められた場所に駐輪しましょう。
放置自転車は周りの迷惑となります。また、盗難防止のため必ず鍵をかけましょう。
路上に放置された自転車は、目や身体の不自由な方をはじめ、歩行者の安全な通行の妨げになるほか、緊急車両の通行の障害にもなります。必ず駐輪場など許可されている場所に停めましょう。
ながら運転はやめましょう(傘差し、携帯電話、イヤフォンなど)。
突然の雨…傘を差しながら、自転車に乗ることは法律で禁止されているのをご存知ですか?
視界をさえぎるので危険な上、突風が吹けばあなた自身が転倒してしまう可能性もあります。こんなときのために、小さく折りたためるカッパがあると便利です。

携帯電話を使いながら、ヘッドフォンや大音量で音楽を聴きながらなどの乗車は危険です。
携帯電話を片手に持って通話しながらの運転や、メールチェックなど画面を見ながらの運転は絶対にやめましょう。自動車や原動機付自転車と同じように、自転車運転中に携帯電話を使うことによる片手運転が禁止されています。どうしてもというときは、安全な場所に自転車を停めてから使用しましょう。
また、ヘッドフォンやイヤフォンで音楽やラジオなどを聴きながらの運転も、周囲への注意力が散漫になり、安全な運転に必要な音や声が聞こえない可能性があるため非常に危険です。地域の条例でも禁止されているので絶対にやめましょう。
自転車は公道を走る"軽車両"であり、命を預ける"乗り物"です。
交通ルールを守るのはもちろん、万が一の場合へも備えましょう。 安全運転で身を守ることは言うまでもないですが、歩行者との軽い接触でも"交通事故"となります。過去の事例では自転車が歩行者をはねてしまったという事故で数千万円の賠償を命じられた事例もあります。もしものことを考えて、自転車保険に加入することをおすすめします。
  • ライト・ベル・リフレクターは、法令で装備が定められている部品です。
    ・リフレクターは正しい色・角度で付いていますか?
    ・ライトは(トンネル内や日陰など)日中でもあなたを守ります。
    ・"警音ならせ"箇所では、ベルで存在を知らせましょう。
    やむをえず歩道を通行するときには、むやみな警音はひかえ、マナーを守りましょう。

ページTOP へ戻る▲

ここも気をつけよう!

初めての自転車に乗るときには、練習を必ず行いましょう。
特に、初めて幼児2人を同時に乗せる場合や、荷物を載せて走る前などは、公園や空き地など安全な場所で練習しバランス感覚を養ってから、一般道路を走りましょう。
安全な服装で乗りましょう。
周囲からの視認性を上げるため、服装は明るいものを選びましょう。
暗い場所でも、明るく目立つ色であれば、相手に認識されやすくなるため、事故の防止につながります。反射材を使うのも効果的です。また、車輪に巻き込まれやすい服装(マフラーやロングスカートなど)は、自転車乗車時には外しましょう。
カーブ中のペダリングには注意しましょう。
自転車はカーブを曲がるときに傾いているので、カーブを曲がっている途中にペダルを漕ぐと重心が不安定になります。また、ペダルと路面が接触し、転倒事故の元となります。特にスピードの出る下り坂はカーブに入る前に、十分スピードを落とすように気をつけましょう。
住宅街・居住地域を走るときは注意しましょう。
住宅街の道路は、子供からお年寄りまで様々な年代の方がいらっしゃいます。
自転車は、機動力のある便利な乗り物です。そのため、建物の陰から人や自動車が飛び出してくる可能性が高い住宅街や、見通しの悪い生活道路では、特に注意が必要です。早期に危険を察知できるよう、走行時の目線は前方20メートル辺りに置き、不意に何かが飛び出してきても対応できるスピードや心がまえで走りましょう。
正しい角度でライトを取り付けましょう。
ライトの取り付け角度は、合っていますか?
ライトの照射方向が正しくないと、進路の状況把握がしにくくなります。また、上向きすぎると、対向車や周囲の歩行者などに、迷惑をかけることがあります。自転車店などで正しい角度に調整してもらってから乗りましょう。
車輪への荷物の巻き込みに気をつけましょう。
ハンドルやフレームに傘やカバン類を引っ掛けることは、危険ですので絶対にやめましょう!
自転車のハンドルやフレームに傘やカバンなどをぶら下げていると、何かの拍子に前輪に巻き込まれ自身の転倒やケガだけでなく、歩行者に接触するなどして事故を招く恐れがあります。荷物の管理には、十分注意しましょう。
  • マンホールやグレーチングなど金属の上や、路面白線上の走行には、注意しましょう。
    特に、カーブ箇所や雨などで表面が濡れている場合は、あらかじめ減速(※)し、
    スリップに注意して走行しましょう。
    (※)同箇所での急ブレーキは、とても危険です。絶対にやめましょう。
  • 踏切の横断や、側溝箇所には、充分注意しましょう。
    隙間や溝などにタイヤがとられ、転倒の原因となります。
    側溝上の走行は可能な限り避けましょう。踏切では線路に対して、極力タイヤが直角になるように
    渡りましょう。
  • 電動アシスト車で電源を入れる際には、ペダルから足を外しましょう。(急発進を防ぐため)
  • 子供を乗せる場合は、バランスに注意しましょう。(「幼児二人同乗注意喚起のチラシ」はこちら
  • チャイルドシートの"ステップ"は、巻き込み防止用であり、乗降時に使う設計にはなっていません。注意しましょう。

時間にゆとりをもって乗りましょうお互いに、ゆずりあいましょう

page top