• 自転車を選ぶ
  • 当サイトについて
  • 自転車選びのポイント
  • 自転車ルール&マナー
  • 自転車安全チェック
自転車選びのポイント

HOME > 自転車選びのポイント

自分に合った“自転車選び”のポイントを紹介します。 「何が違うの?」「どれを選べば良いの?」そんな疑問を解消!

「自転車を買おう!」そう決めてからお店に行ってもたくさん並んでいる自転車から自分に合ったものを選ぶのは大変です。一見同じように見えても良く見ると形は違うし、価格帯もピンからキリまであるから、いきなり店員さんに聞くことに抵抗ある方も多いのではないでしょうか?
そんな方々のために“自分のニーズに合う”そして“安全・安心”な自転車の選び方をご紹介します。

利用法を考える

一口に自転車といっても街中を通勤やショッピングで走るのに最適なシティサイクル、快速走行を第一に考えるならロードバイク、舗装されていない道もへっちゃらのマウンテンバイク、さらに両方の魅力を兼ね備えたクロスバイクなど様々です。
まずは自分の利用法、目的をイメージしてください。場合によっては持ち運びや収納方法なども視野に入れておくと良いでしょう。

自転車
例えばこんな使い方なら...

通勤やお買い物、毎日の生活に

例

日常的にスポーツバイクを利用される方も増えましたが、手軽なシティサイクル・軽快車(いわゆるママチャリ)がおすすめです。
フレームの素材や形状、ライトの違い(ダイナモライト・自動点灯ライト・ハブダイナモライト)、変速機の違いなどで価格差が生まれます。最近では独特の形状やデザインなど個性的な形状のものも多いので、ご自身の好みの1台をじっくり考えて選ばれると良いでしょう。

長距離ライド

例

スポーツバイクユーザーの多くはアスリートでなくても一日に数十キロ~という距離をすぐに走られる方も多いようです。街中から抜けだし自然の中を走るのはとても気持ちが良いもの。最初はロードバイクの軽快な走行性と、MTBの安定感や楽な乗車姿勢を兼ね備えた“クロスバイク”に乗り、次第に本当に自分で乗りたい1台をみつける方も多いようです。
価格帯が幅広いのですが、最初は自分のお財布と相談して無理のない選択をしてください。搭載している機能により価格も様々ですので、まずはお店で相談されると良いでしょう。
その他の細かい機能面も気になるところですが、まずは試乗して自分の体格に合ったサイズのものを選ぶことが重要です。長時間その姿勢をキープするため楽な姿勢でいられることが大切です。

坂道(登り)利用

例

日常使いでも、登り坂の多い場所を走るのはひと苦労。車体の軽さや変速機能付が走りやすいですが、最近では電動アシスト自転車もおすすめ。
その名が示す通り、充電したバッテリーからモーターを通じ、ペダリングをアシストしてくれる自転車です。重い荷物や子供を乗せて走ることが多い主婦や、足腰に自信のない方、通勤通学で坂道が続くという方などに最適です。
一口に電動アシスト自転車といっても、幼児2人同乗タイプから、スポーツタイプまで様々な種類があります。
ただし、初めて電動アシスト自転車を選ぶ際は、走り心地が変わるため、必ず販売店などで試乗をされてから、ご自身に合ったものを選びましょう。

自転車で旅に出る

例

日帰りや、できるだけ遠くへ行くことを目的とする場合は、長時間運転しても疲れないロードタイプ。多くの荷物を持ち歩くのであれば積載能力が高いクロスバイクやMTBがあります。
また、電車等での移動や持ち運びの必要性もあるのであれば折りたたみできるタイプの自転車が便利です。

お子様と同乗される方

例

お子様の同乗を前提とした専用車も多く販売されています。重心が安定しているため安心してご利用いただけます。ただし、一般車に比べて価格帯は高くなります。
幼児用座席を前後に2席装着した安全基準適合車であれば、条件を満たしたお子様2人を乗せることができます。
お子様が1人の場合は幼児用座席でも対応可能ですが、低重心設計など、より安全面が考慮された専用車がおすすめです。

シニアの方がご利用する場合

例

高齢になるにつれ、筋力が落ちたり、視野が狭くなったりするなど、運転に支障をきたす場面が多くなります。加えて、荷物を多く載せた場合はなおさらです。
電動アシスト自転車などは高齢者におすすめの自転車ですが、この他にも、メーカーによっては、より高齢者に適した機能(安全性やまたぎやすい設計など)の車種もあります。

ページTOP へ戻る▲

サイズによる選び方

自転車を選ぶときのサイズとしてよく使われるものの1つの表現に、「タイヤのサイズ」があります。16(インチ)、22(インチ)、27(インチ)などといったサイズから自転車を選んでいきます。
ただし、スポーツ車などを選ぶときにはフレームサイズから選ぶことが多くなります。
メーカーによっても適応身長は異なりますので、表はあくまで目安としてお考えの上で、お店で試乗して選ぶのが良いでしょう。

自転車
自転車サイズによる適応身長 目安表
一般用自転車
車輪サイズ(インチ) 適応身長 (目安)
14  91~115cm
16 98~120cm
18 103~125cm
20 112cm以上
22 120cm以上
24 130cm以上
26 140cm以上
27 150cm以上
ロードレーサー
フレームサイズ 適応身長 (目安)
470mm 150~167cm
490mm 154~172cm
510mm 158~177cm
530mm 162~182cm
550mm 166~186cm
570mm 170~191cm
590mm 174cm~   

上記のサイズ表はあくまでも目安です。
人それぞれで体格には差がある一方、車体毎の特徴や、大人用/子供用の違いなどによって、上表と異なる場合もあるため、対比表だけでは、実際の乗り心地があなたにとって最適とは限りません。個人差もありますので購入する前には必ず試乗されることを、おすすめします。

クロスバイク、マウンテンバイク
フレームサイズ 適応身長 (目安)
340mm 135~155cm
360mm 140~160cm
380mm 145~165cm
400mm 150~170cm
420mm 155~175cm
440mm 165~180cm
460mm 170~185cm
480mm 170~190cm
500mm 180~195cm
フレームサイズ

ページTOP へ戻る▲

機能面による選び方

ご利用方法に適した車種(タイプ)・サイズが決まったら、次に確認するのはオプション等で扱われる機能面での選択です。ここでは、代表的な機能の一部をご紹介します。

変速機(ギア)

変速機(ギア)

主に後輪に付く変速機自体が外から見える“外装式”と、ハブ部分に内蔵される“内蔵式”とがあります。お手入れが楽な内装式では、軽快車を中心とした3速以上のものが多く、これに比べて外装式ではより多段化する傾向にあり、シーンに合わせたギアを変えることで、坂道走行やスピード変更を快適に行えます。

カゴ、荷台(キャリア)

カゴ、荷台(キャリア)

カゴや荷台(キャリア)は、デザイン性に富んだものも多くなってきました。選ぶ時には、デザインや機能性に加え、ご自身の愛車に取り付け可能かどうかを事前に確認することも大切です。
取付け金具の形状はもちろん、キャリアには積載重量の上限による「クラス」があり、車体によっては取り付けできないため、注意が必要です。

鍵の数

鍵の数

備えとして自転車本体の鍵にも配慮する必要があります。
近頃では、前後輪のそれぞれに鍵が付いている車体や、ハンドルが旋回しにくくなるロック機能を持つ車体もみられます。
なお、前後どちらか一方にだけ鍵がある場合には、もう一方にも別途購入した鍵を付けることをおすすめします。

オートライト

自転車のライトには、主にタイヤと発電装置との摩擦によりライトを点けるタイプと、ライトを点けるとペダルが重くなる…という方のために、前輪の中心(ハブ)の回転により点けるタイプがあります。後者の中には、さらに便利なオートライトシステム付きの自転車も増えてきました。
オートライトとは、周囲の明るさをセンサーで感知し、暗いときに自動で点灯してくれるライトのことです。非点灯の状態からライトが点いても、ペダルを漕ぐ強さはほとんど変わりません。点灯忘れも防止してくれるので、大変便利です。

実際のスペック表にはよりたくさんの機能が掲載されています。
気になる点はお買い求めになるお店で確認することをおすすめします。

page top