• 自転車を選ぶ
  • 当サイトについて
  • 自転車選びのポイント
  • 自転車ルール&マナー
  • 自転車安全チェック
当サイトについて

HOME > 当サイトについて

・厳しい安全基準 ・環境に優しい 安全・安心で環境に優しい自転車を選ぼう。
illust

自転車にも安全基準があるのはご存知ですか?
一般社団法人 自転車協会では安全・安心なものづくりを最大の使命として、利用者の皆様の安全を第一に考え、自転車業界の自主基準である「自転車安全基準」を制定しています。
またスポーツ用自転車には、特有の厳しい安全基準(スポーツ用自転車安全基準)を設け、さらに環境負荷物質の使用削減に努めるなど、基準に適合した安全な商品を市場に供給することで利用者の皆様に安心してお使いいただけるように取り組んでいます。
当サイト「安全・安心な自転車選び」では、皆様により快適な自転車ライフを過ごしていただくことを目的に、あなたのニーズにぴったりで、安全・安心・環境にやさしい自転車をご紹介しています。

自転車の安全基準

BAAマーク制度って?

安全・安心な自転車を目標に、自転車協会は業界自主基準である「自転車安全基準」を制定しました(平成16年9月開始)。さらに、環境負荷物質の使用削減も取り入れ、安全・安心だけでなく環境にも配慮した製品をめざしています。これらの基準に適合した自転車に貼付されているのが「自転車協会認証」BAA(BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN)APPROVED)マークです。

自転車安全基準とは

自転車協会が定める「自転車安全基準」は、JIS(日本工業規格)をベースに、JISにない要件(たとえば、ライトに関しては自動点灯または手元操作可能ライトに限定)や、JISより厳しい基準値(たとえば雨天時にブレーキをかけて停止するまでの制動距離)を設けるなど、わが国で安全性の要求水準が最も高いもののひとつといえます。さらに、自転車の製品不具合情報を参考に、「自転車安全基準」の改正をスピーディに行うことで、事故の発生を未然に防いでいます。

BAAマーク

軽快車(いわゆる“ママチャリ”)や子供用自転車、電動アシスト自転車などに貼付されています。

自転車の新しい安全基準“BAAマーク”制度のオフィシャルサイトです。マークの安全基準、取扱い店舗などをご覧いただけます。
BAA
スポーツBAAマーク制度って?

スポーツ用自転車は、一般用自転車と比べて軽量でスピードも出るため、安全性がとても大切です。
しかし、日本にはスポーツ用自転車の安全基準がなく、市場に粗悪な自転車が出回るおそれがあったため、自転車協会は業界自主基準である「スポーツ用自転車安全基準」を制定しました。この基準に適合した自転車に貼付されているのが、スポーツBAA (BICYCLE ASSOCIATION (JAPAN) APPROVED) マークです。

スポーツ用自転車安全基準とは

スポーツ用自転車の先進国であるヨーロッパで制定されたEN規格をベースに、日本の道路事情や日本人との体格差などを考慮して、自転車協会が制定したのが「スポーツ用自転車安全基準」です。この基準には、車種ごとにタウンスポーツ車、MTB車、レーシング車の3型式があります。
2014年7月にEN規格とISOが完全整合されたことにより、“スポーツ用自転車安全基準”は、国際規格である新ISO 4210がベースになりました。

 SBAA(スポーツBAA) マーク

タウンスポーツ車やマウンテンバイク、レーシング車などに貼付されています。

スポーツ用自転車安全基準“SBAAマーク”制度のオフィシャルサイトです。SBAAマークの詳しい説明やスポーツ用自転車の定期点検を受けられる販売店(SBAA PLUS認定店)の情報などをご覧いただけます。
SBAA

ページTOP へ戻る▲

安全安心で環境に優しいBAA・SBAAマークのヒミツ

このあたりをチェック!
BAAマークとSBAAマーク
1.入口検査(型式検査)と
 出口検査(商品検査)を行っています
BAA・SBAAマークを貼付するために、製造事業者や輸入事業者は、型式ごとに自転車協会認定の適合検査機関で行う検査に合格する必要があります。これが『型式検査』です。さらに、自転車協会では、年1回無作為にBAA・SBAAマークの付いた自転車を市場から購入し、実際に「自転車安全基準」に適合しているかどうかを確認するために同様の検査をしています。これが『商品検査』です。
2.製造事業者や輸入事業者を特定できる
BAA・SBAAマークが付いた自転車は、フレームなどの見やすい場所に製造事業者または輸入事業者の名前、ブランド名、車体番号等をはっきり表示することを義務付けています。
さらに、平成27年4月1日からは、特に安全上大きな影響のある重要構成部品(前ホーク、ブレーキ本体など)についても、製造・輸入事業者名や製造年月などの表示(※略号を含む)を義務付けており、利用者の皆様からのより高い信頼を得られるように努力しています。
3.もしものときの補償がある
BAA・SBAAマークが付いた自転車の製造事業者または輸入事業者は、生産物賠償責任保険(PL保険)に加入することが義務付けられています。万が一、製造上の欠陥で事故が発生した場合には、製造事業者または輸入事業者の責任で補償されます。

ページTOPへ戻る▲

私たちの取り組み

環境問題への取り組み
どうして環境にやさしいの?
CO2を排出しない自転車は、環境にやさしい乗り物として世界中の人たちに利用されています。 自転車協会は、こうした側面に加え、自転車を廃棄する場合にかかる環境負荷物質の使用を削減することで、自転車の製造→使用→廃棄という一連の循環のなかで環境問題に貢献しようと取り組んでいます。
環境負荷の高い物質って?
自転車協会は平成20年10月より、原則すべての自転車構成部品を対象に、環境負荷の高い6物質について、その使用を削減することに取り組んでいます。
《使用削減対象の6物質》
鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)
製品事故防止への取り組み

経済産業省では、自転車による製品事故の未然防止に役立てていただくため、消費者への製品の安全使用のための周知および注意喚起のチラシを作成しました。
自転車を選ぶときには、品質・安全性についての安全基準をベースとした認証マーク(JIS・BAA・SBAA・SGマークなど)を参考に購入することが推奨されています。
チラシの詳細版は自転車協会ホームページでご覧いただけます。

一般社団法人 自転車協会ホームページはこちら

一般社団法人自転車協会
page top